シニアの婦人

自覚症状の出にくい肝臓の状態を知る|数値に気をつける

大切な臓器

シニア男性

変化に注意を

肝臓は、人間の体の中でも非常に複雑な臓器であり、しかも替えのきかない臓器です。さらに、病気になったとしても変化が分かりにくいので肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれています。そのため肝臓の病気をできるだけ早く知ることができるための方法として有効なものが数値です。健康診断を行うと血液検査から肝臓に関するさまざまな数値を知ることができます。この数値の変化を見逃さないようにすることが大切です。数値に変化が出てしまった時には精密検査を早めに受けるようにして肝臓がどのような状況であるのかを知ることが大切です。病気になっているのかどうかが分かりにくい臓器であることを意識して、対処をしていくことが大切になってきます。

負担のかかりやすい人は

肝臓の数値はできるだけ敏感に注意をしておく必要がありますが、自分の基本的な数値を理解しておくことも大切です。肝臓の数値は、全員がほぼ一定になるわけではなく遺伝的な要因や体質によっても異なります。そのため、自分の基本ラインを知っていくと数字の変化が分かりやすくなります。また、肝臓に負担のかかりやすい生活をしている人も日ごろから気をつけておくことが大切です。例えば、飲酒をする人はどうしても肝臓に負担がかかってきます。他にも喫煙やストレスといったものがこの臓器に負担をかける可能性があるといわれています。これらを普段から行っている人は特に健康診断で出てくる数字に気を使って生活をしていくと病気の早期発見になります。

サプリメント

健康に良い配糖体

大豆由来のサポニンはタンパク質の摂取になるため、タンパク質の量に注意しておきましょう。高麗人参や田七人参由来のサポニンには血流を改善できる効果もあるのです。血栓や動脈硬化を予防したい時に活用できます。

白い錠剤

期待する効果を得るために

入手性のよさや服用のしやすさから糖尿病患者の方から人気のサプリメントですが、補助的な役割を期待して利用されている方がほとんどです。これからの利用を考えられている方は、その点を頭の片隅に置くようにしましょう。

サプリメント

補給しておくべき成分

DHAは体内で生成される成分ではないために、食事やサプリメントによって補給する必要があります。1日あたりの摂取するべき目安の量は、400mgほどと言われています。積極的に補給しておくことで、血液の流れを良くすることや健康を増進する効果があります。

Copyright © 2016 自覚症状の出にくい肝臓の状態を知る|数値に気をつける All Rights Reserved.